住宅の老朽化を防ぐには外壁塗装をするしかない

家
  1. ホーム
  2. 耐久性を高めるため

耐久性を高めるため

一軒家

補修や洗浄を丁寧に

福岡では、若い世代が増えていることから、比較的購入しやすいシンプルなモダン住宅が多く建てられています。モダン住宅の外壁は、薄いセメントパネルで作られていることが多いので、昨今の福岡では、その耐久性を高めるための外壁塗装も盛んに行われるようになっています。外壁塗装とは、水やシンナーで溶かして液状にしたシリコン樹脂などを、外壁に塗るという工事です。薄く塗ると、水やシンナーが徐々に抜けていくことで、シリコン樹脂は硬くなります。その分だけ外壁は頑丈になり、たとえ台風などで強い衝撃を受けたとしても、割れずに形状を保つことが可能となるのです。また福岡の外壁塗装では、塗る前に外壁がチェックされ、トラブルが発生している場合には、その修理が行われます。特にセメントパネルのつなぎ目には、隙間ができていることが多いので、業者は必ずここを先にシリコン樹脂で埋めます。そうすることで、外壁の耐久性は一層高まりますし、隙間がなくなることで、仕上がりがより美しくなるからです。さらに福岡では、黄砂の影響で外壁が汚れやすいのですが、それも外壁塗装前には丁寧に洗い流されます。基本的には水道水が使われますが、頑固な汚れが付着している場合には、植物性の洗剤が使われることもあります。そのため外壁は清潔な状態になりますし、その上から塗装することで、その状態が保たれやすくなります。再び黄砂の季節がやってきても、塗膜が砂をブロックするからです。さらには雨水もブロックされるので、梅雨の時期の雨漏りリスクも低下することになります。